GPS 端末を使用した IoT ソリューション【前編】

AZPower の IoT営業担当の根本です。
IoT の営業担当をしております。

私からは IoT に関する情報を発信しています。
前回は 「IoT(Internet of Things)とは」に触れさせていただき、当社の IoT サービスである「Power IoT Platform」をご紹介いたしました。前回の記事はこちらから。

今回は GPS 端末を使用した IoT ソリューションをご紹介します。
位置情報を確認する仕組みは、皆様もスマートフォンでご利用されているのではないでしょうか。
スマートフォンを端末として、人の位置情報を確認することができるとてもシンプルなものです。
このスマートフォンを専用のGPS端末に置き換えるとモノに取り付けることができ、モノの位置情報が分かるようになります(図1)。

図1

GPS端末にはSIMが入っているので、取得したデータをクラウド(Power IoT Platform)に送り、専用の可視化画面で見ることができます。
このソリューションの利用用途としては以下があります。

・トラック・自動車・自転車等車両全般
・レンタルパレット
・建設機械
・コンテナ
・お年寄りや子供の見守り

このように人やモノに関わらず、GPS端末を装着することで様々な用途でご利用いただけます。
弊社では以下のGPS端末をご用意しています(図2)。

図2

この端末の最大の特徴は充電無しで最大6ヶ月稼働できる点です(図2の①のみ)。
パレットやコンテナ等、端末の充電ができない環境におすすめの端末です。

当社では、この端末を使用した IoT ソリューション「位置情報追跡ソリューション」を提供しています。
次回は当社が提供する位置情報追跡ソリューションの特徴と事例を紹介させていただきます。

最後に、当社AZPower の IoTプラットフォームをご紹介いたします。
当社は Microsoft 社の CSP(クラウドソリューションプロバイダー) ※1 として幅広いお客様のAzure活用をサポートしていることから、Azure PaaS(Platform as a Service)※2 を得意としております。当社ではお客様のサポートだけでなく、その知識を活かし、Azure PaaSを活用した IoT プラットフォーム 「Power IoT Platform(図2)」 を提供しております。Power IoT Platform によりセンサーデバイスを短期間にクラウド(Azure)に接続させ、センサー情報を BIツールで可視化することできます。詳しくはこちらから。

※1 CSP(クラウドソリューションプロバイダー)とは、Microsoft 社がパートナー経由でAzureを販売するプログラムです。
当社では、Azureを利用してビジネスを展開しようとお考えの企業様向けにAzureを販売するとともに、様々な支援を行っております。

※2 PaaS(Platform as a Service)とは、従来のサーバ管理作業を Microsoft 社が管理を行うサービスであり、その分アプリケーションに注力することができます。
また、提供されている様々なツール・機能を組み合わせることでアプリケーション開発期間を短縮することができ、ビジネスのスピードを速めることができます。詳しくはこちらからご確認いただけます。

Power IoT Platform 構成図

IoTやPaaSに関するお困り事があれば、是非当社にお問い合わせ下さい!

■ IoT に関するお問い合わせはこちらから

■ PaaS開発に関するお問い合わせはこちらから